歯を削るということ


 歯は骨と同じで生きていますが、骨とは異なり削っても元に戻るということはありません。そしてまた、歯は抜いても次の歯が生えてくるということもありません。

 例えば、機械や道具などを壊さずに一生同じものを使い続けるということは非常に困難ですし、もし実行しようとするならメンテナンスが不可欠であることが想像できますよね。

 

 虫歯治療や被せ物治療では当然ですが歯を削ります。これは「虫歯を取り残さないように」、「被せ物が外れないように」、など様々な目的があり、全く歯を削らずに治療することもまた困難です。

 また微小な虫歯の場合は「ブラッシングの徹底」や「唾液のもつ再石灰化作用」などにより削らずとも良い場合もあります。

 

 大切なのは「不必要に歯を削らない」ということなのです。