歯が抜けたら


 歯が抜けた、もしくは歯を抜かなければならなくなったときにどういう治療を行うのか……大人になってからそういう経験をしたことがないという場合、案外ご存知ないかもしれません。

 

 歯が無くなった部分に行う治療として、基本的には「ブリッジ」「入れ歯」それに「インプラント」などの選択肢があります。

 これらはいずれにもメリットとデメリットがあり、無条件に最良の治療というものはありません。また歯並びや歯の形状、ならびに口の中の状態などによっても最適といえる選択肢は変わってきます。

 

 たとえば「ブリッジ」は「入れ歯」より違和感は少ないですが、前後の歯を大きく削らなければいけないというデメリットがあります。しかし、もともと虫歯が大きく健康な歯を削る必要がほとんどなかったりする場合にはそのデメリットはあまり気にしなくても良くなります。

 また、「インプラント」は骨に人工の歯を直接埋め込むので、骨が薄い・骨が弱い(歯周病にかかりやすい)といった人にはあまり向きません。しかしそういった条件をクリアすれば、かなり理想に近い治療とも言えます(歯科に通えなくなるなどメンテナンスが不可能になった場合の問題は残りますが)。

 

 いずれの場合も大切なのは、通常よりもメンテナンスをしっかりと行う意識を持つことです。歯を失ってから歯の大切さを知り、残りの【歯の健康】が明らかに向上する方も多く、逆に意識を変えるチャンスとも言えるでしょう。

ブリッジ

入れ歯

インプラント