診療科目

 治療内容についてごく簡単に説明させて頂きます。もう少し詳しい解説が読みたいという方はリンク先をご覧ください。

一般歯科


【歯周病治療】

 歯周病は歯の生活習慣病ともいえる病気です。まずは歯周病進行の予防が何より大切であり、そのことが虫歯予防など全ての「歯の健康」に繋がります。

 進行してしまった歯周病(歯槽膿漏)も安易に抜歯せず、適切な治療を行えば歯の寿命を延ばせる可能性があります。

 


【虫歯治療】

 「虫歯を削って詰める」治療で、単純なようで重要な治療です。まだ削る必要のない虫歯をむやみに治療していくと急激に歯が弱くなっていきます。かといって虫歯が進行すれば神経まで腐らせ、抜歯しないといけない可能性もあります。

 また治療した箇所も磨かないでいると再び虫歯になります。虫歯を治すことはもちろん大切ですが、治した部分にまた新たな虫歯ができるというイタチごっこの連鎖を防ぐことが最も重要です。


【根管治療】

 根管治療とは歯の内部にある「歯髄(歯の神経)」の治療です。

 この治療の仕上げには歯を補強・噛めるようにするために被せ物を入れます。つまり家を建築でいうところの「基礎工事」にあたり、ケースによっては長引いたり効果がわかりにくかったりしますが重要な治療です。


【冠補綴治療】

 クラウンやブリッジなどの被せ物治療です。「根管治療」を行った歯に対してこの治療を行うことにより、見た目・噛み合わせを改善します。

 保険制度のルールに則って作成するものと、それ以外の自由診療にあたるものがあります。


【入れ歯治療】

 総入れ歯や部分入れ歯をいれる治療です。

 入れ歯というとあまり良いイメージがないと思いますが、「ほとんど歯を削らない」「取り外しできる(メンテナンスしやすい)」などメリットも実は大きいのです。


小児歯科


【乳歯の虫歯治療】

 乳歯は、大人の永久歯に比べて虫歯になりやすく進行も早いという特徴があります。当院では、定期的に検診に来ていただくことで虫歯の早期発見早期治療を行っています。

 また歯医者嫌いにさせてしまうことにより将来的なお子様の「お口の健康」を妨げないよう、怖がらせることなく治療することを心がけています。


【歯並び相談】

 お子様の歯並びは気になるものです。しかし成長過程のお口において矯正などの治療が必要かどうかの判断は複雑なものです。また治療行う場合にも、治療開始する時期の問題もあります。必要に応じて専門の治療施設などの紹介も行います。

 


口腔外科


【インプラント治療】

 インプラント治療は他の治療に比べると歴史が浅い治療です。ただしそのかわり進歩も目覚ましく、問題が叫ばれているような杜撰な治療・計画でなく、検査などをしっかりと行うことにより「インプラントが適している」といえる症例が出てくるようになりました。

 

上手に適用すればブリッジや入れ歯などの保険治療を大きく上回るメリットを得ることが可能です。